<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    バレンタインじゃー!

    0


      もう多くは語らん。

      昨年以前のリンクはここから飛んでくれ。



      では、行ってみようか。








      これは娘と一緒に食べる用だそうだ。
      うん、とてもファンシーでカワイイ。
      フツーにカワイイよこれ!





      で、ここからが本番。







      キタネー机ですまん。
      食べるラー油ブームって、意外に早く過ぎたよな……。


      で、今のが軽いジャブらしい。


      本命はこっち。






      包装は一見フツーに見えて、そこかしこにヤバそうな雰囲気が備わっている。


      では、オープン。






      おお、これはカッコイイ!

      去年のは本当に食べるの大変だったけど、今年はフツーにカッコイイぞ!
      ちなみに右上のボルトとナットは外れるそうだ。
      このカギとドライバーの金属部分って食べられるのかな……?


      つーか、毎回毎回言いたいんだけど、
      どっから見つけてくるんだよヨメ!?


      続きを読む >>
      sennendo * 駄文 * 11:23 * - * - * - -

      さて。

      0
        ブログの更新が滞っていた理由は、分かるね?
        そう、モンハン仕事だよ。


        実際、12月にした事ってゲームかZぼーいず2巻の執筆しかないぜコンチクショー。
        Zぼーいず売れるといいなぁ!
        って、まだ告知もしてねぇよ!

        Zぼーいず/ぷりんせす
        ファミ通文庫から2月発売予定だ!



        何事もなければ2月に出るよ。
        ていうか出ないと懐がヤバイんですけど。


        そうさなぁ。今月他にやった事と言えば……友人の結婚式くらいかね。
        もう結婚して当たり前の年齢なんだよな、31って。俺だけ早生まれだから、同年代は32歳だよ。子供も生まれたりして。
        ただ30過ぎても変わらないモノもあるって分かったね。性格とか口癖は若い頃のままだし、クズなヤツは年取ってもクズだし。
        一昨日、後輩達と会う機会があったんだけど、こいつらも30近いくせいに変わらないんだよ。もう社会人として経験積んでるはずなのに、俺にとってはフレッシュさというか、若さがまだ見え隠れしてんだ。


        そういや最近、久しぶりに会う人から「葉加瀬太郎みたいだなwww」と言われるようになってきた。俺が特に目指してるとも言っていないのに。
        どうやら計画は着実に進行している。




        今年1年を振り返って、まず最初にやったことと言えばパーマかけたことだもんなwww
        当初はまだ短かったから、会った人に怪しい目で見られたものだ。初のお披露目が富士見の謝恩会だったんだけど、担当編集は初見で腹抱えて笑ってたなぁ。

        あとはPS3が大活躍したのも今年からだ。
        torneと一緒に買ったはず。
        けど対戦するのはもっぱら箱○だけどねー。番組録画と、ひとりでRPGとかする時にPS3は使ってます。今はアドホックパーティでモンハンあるけど。

        魔王城も今年で終わったんだったな。
        アレは打ち切りというか、ダラダラ伸ばすよりはスパッと終わらせるという形で最終回を迎えたんだったな。おかげでダレることなく終わることができた。
        もしも短い作品を読みたいという読者がいたら、迷わずコレを薦めるようにしてる。長くてもいい、と言う人には迷わずガーゴイル薦めるが。
        コレ書いてる途中から、自分の人気とか業界での立ち位置とか考えるようになった。魔王城は好き勝手にやらせてもらったから、次に書くものはなるべく自分の持ち味を出して売れるような作品にしよう、と誓った。だけどZぼーいずはまた好き勝手にやった気がする。

        そして魔のゲーム、FF14が出たのも今年だ。
        うん、多くは語らない。語るとマジで怒られるから。
        それだけ失言ばかりしたゲームだということだ。
        しかし体制も一新されて、来年の頭に何か発表するらしいね。どうにかして立て直そうという心構えは感じ取れるから、煽り抜きで今後に期待している。

        逆にFF11やらなくなったのも、今年からだなー。
        やめた直後にアビセアが出て、ゲームがガラッと変わってしまって、戻るに戻れなくなった。今でも戻るつもりはないが、すごく面白かった。やめた後もリンクシェルの仲間とオフ会やったりしたし。
        田中Pはオフゲーに関しては神なんだから、ヴァナ・ディールを舞台にした外伝作ればいいと思うの。割と本気で。

        ケータイも変わったな。ギャラクシーにした。
        2年半ぶりに変えたから、すごく満足。
        これからはすまーとふぉんの時代じゃあああ!



        生活としては、けっこうゆったり。
        仕事も想定内。来年はもっとがんばる。
        趣味に関しては……うーん。

        今年って「なんじゃこりゃあああ! こんなん、今までになかったぁ!」って驚いて、貪るように楽しめるコンテンツがひとつもなかった気がする。マンガもゲームもアニメも、もちろんラノベも。
        娯楽ってのは、もう全部やり尽くしちゃったのかなぁ。
        そういうエポックメイキング的なものは、俺たちが楽しめるだけじゃなくて、子供たちが影響されて、未来にもっとすごいものを作るきっかけになるんだよね。

        いや、可能性はまだある! 俺が作る可能性だって失われていない!
        来年こそは、必ず!
        面白いモノはまだまだ転がっているさー!


        というわけで、また来年!





        sennendo * 駄文 * 17:37 * - * - * - -

        また了法寺行ってきたwwwww

        0
          前回の記事で、正直おなかいっぱいで、何かイベントでもない限り行かないかなーって思ってたんだけどねー。
          「八王子いちょう祭りでメイド喫茶やってるらしいんで、一緒に行きましょう」
          とのことで、道案内も兼ねて行くことに。


          道中、いろんなお店が露天開いてるのを横目に、とっとと現地へ。






          こういう看板が立ってた。





          中の様子はこんな感じ。
          なにげにとろ弁天が売り子やってる……。



          まぁ、とりあえずメイド喫茶目的に来たわけだから、メイド喫茶入るか。
          「おかえりなさいませ、ご主人様!」
          すいませーん、これ写真は撮ってもOKですか?
          「メイドさん以外でしたら大丈夫ですよー。メイドさんと一緒に写真を撮るのは、こちらの『メイドさんとチェキ 500円』です」
          なるほど、金取られるのか。気をつけよう。


          じゃあ、とりあえず……ん?
          なんだこれ。

          強制告白カフェ?


          なにこれ、メイド喫茶じゃないの?
          こんなん……あ、了法寺のホームページにも書いてあったわ。

          「こちらは想い人の名前を書いていただくと、メイドさんがその想いを一緒に願ってくれるんですよ!」

          はぁ……じゃ、とりあえずそれひとつ

          「ありがとうございます! ではこちらに想い人のお名前を!」





          うーん……想い人ねぇ。
          ヨメの名前書くのも芸がないし。
          「あ、二次元の嫁でもOKですよ!」
          俺の作品のヒロインか……ダメだ、どっちかを書いたらもう片方に怒られる


          まぁ、とりあえずコレで。







          「はい、それではこちらへどうぞー!」
          と、メイドに境内に連れて行かれる。

          「では、私がやるとおりにマネしてくださいねー!」

          ……えっ?

          「(両手を合わせて)らぶらぶ」

          ……らぶらぶ。

          「(手をハートの形にして)きゅんきゅん」

          ……きゅんきゅん。

          「(ハートを突き出して)お祈りビーム!」

          お祈りビィィィィィム!
          やってやったぞ!






          そんなことやってたら、とろ弁天がライブやってた。
          ほー……こんな神様なんだー……。





          うん、まぁ、ひととおり観て楽しんできた。
          とろ弁天さまにも会えたし、メイド喫茶も楽しんだし、満足かな。
          人も増えてきたし、そろそろ帰ろう――

          「今日は、きこうでんみささんにも来ていただきましたー!」



                          l三`ー 、_;:;:;:;:;:;:j;:;:;:;:;:;:_;:;:;_;:-三三三三三l
                         l三  r=ミ''‐--‐';二,_ ̄    ,三三三彡彡l_   
                        lミ′   ̄    ー-'"    '=ミニ彡彡/‐、ヽ
                            l;l  ,_-‐ 、    __,,.. - 、       彡彡彳、.//  
          _______∧,、_‖ `之ヽ、, i l´ _,ィ辷ァ-、、   彡彡'r ノ/_ ______
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'`'` ̄ 1     ̄フ/l l::. ヽこ~ ̄     彡彳~´/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                           ヽ   ´ :l .l:::.         彡ィ-‐'′
                          ゝ、  / :.  :r-、        彡′
                        / ィ:ヘ  `ヽ:__,ィ='´        彡;ヽ、
                    _,,..-‐'7 /:::::::ヽ   _: :_    ヽ      ィ´.}::ヽ ヽ、
                _,-‐'´    {  ヽ:::::::::ヘ `'ー===ー-- '   /ノ /::::::ヘ, ヽー、




          なんか妙なボルテージが上がって、イベント最後まで観てしまった。





          よく見ると、背景のマルの中にもカメコがいる!
          どっから撮ってんだよ!?


          残念ながらいちょう祭りは今日で終わりなのだけど、楽しかった。
          商売にも様々な形があると思い知らされたよ。


          そして帰りにまんが王八王子店に寄ると、了法寺の看板が置いてあった。
          がんばれ了法寺! 俺は応援するぞ!
          「ところで寺で『おかえりなさいませ!』って言われると複雑な気分ですよね……」
          うん、俺ら幽霊みたいだよな……。




          続きを読む >>
          sennendo * 駄文 * 14:42 * - * - * - -

          さーむーいー

          0
            はっ!
            もう11月か!
            今年も残り2ヶ月! そしてモンハンの発売日まで約1ヶ月……。


            やっぱツイッターあると、そっちの方に書き込んじゃうから、ブログがおろそかになってしまう。
            俺のように絵も描かなけりゃ、写真もやらない、そんなに大量に本を書くわけでもないし、イベントに出席するわけでもない人間がブログやると、本当に文章しかなくなるんだよね。いや物書きなんだから当然なんだけどさ。
            そんな時にツイッターですよ。
            これは本当に呟くように書けるから、思いついた時に書き込んじゃうんだよ。
            失言しまくって怒られる事も、ブログよりずっと増えたよ。
            特にFF14関係は怒られまくったけど……もはや俺ひとりのdisでどうにかなる状況じゃないもんなアレ。社長も認めるくらいだし。買ってしまった以上、早急な改善を望むよ。


            今月は……宣伝するような事あったかな?
            あったよ、ミロク新刊出るよ!
            20日発売だよ!
            まぁ、それはその時にまた宣伝するということで。

            正直に言うと、宣伝しなきゃならないのは分かってる。
            だけど本の発売日には、すでに次の巻の執筆に取りかかっていて、それどころじゃない場合が多いのだ。俺はだいたい1年に6冊くらいのペースで出してるんだけど、それだと発売日と次の巻の執筆が被るんだよね。あくまで俺は、であって、そうじゃない作家さんもいるだろうけどさ。



            最近は……ミロクの続きについて構想練ったり担当様と話したりしてる。
            7巻から新章なので、今までの経験を踏まえつつカッコいいところ見せたいね。
            「ミロク無双やりましょう! あと恋愛! それはそれとしてラストまでのシナリオ考えといてくださいよ! あと恋愛! 短編も早くしてね!」
            と、担当様に何度も説教されながら、なんとか形にしてるところだよ!

            ファミ通の方もがんばってるよ!
            早めに出す、とか言っておきながら、なかなか出せなくてゴメン! すべて俺の不甲斐なさが原因だ! 面白いモンにしようと必死に直してるところだから、もー少しだけ待ってくれ!


            ぼくの すけじゅーるちょう
            アイルー村(飽きた)→シュタインズゲート(シナリオより宮野真守の演技に惚れた)→レッドデッドリデンプション(人間のクズしかいねぇwww)→ニーアレプリカント(イマココ!)→フォールアウトベガス(PS版と箱版どっちにしよう)→モンハンP3(次こそ笛メインで)→
            続きを読む >>
            sennendo * 駄文 * 00:02 * - * - * - -

            参った。参りました。

            0
              おらぁー! 原稿直してきたぞー! これでいいのかぁー!?
              担当様「アラアラ田口さん、あれほど言ってもまだロリ成分が足りないようですね。こんな男だらけのむさ苦しいモノ誰が読みたがるんですか? いっぺん斬られたいですかウフフフ」
              くっ……まだ足りないのか……俺の”炉利”の邪気眼……!
              だが、もう俺の力は限界だ!
              これ以上は誰かに頼るしかない!


              というわけで、八王子の了法寺に行ってきました。


              あの萌え寺で有名なところね。
              電車で一駅だったから、一度行ってみようと思ってたのだ。


              JR西八王子駅から徒歩7分って書いてあったけど、実際は10分くらい歩く。
              すると見えてきた見えてきた、小さな敷地だけどわかりやすい看板。






              看板を拡大したのが、コレね。




              入った途端、寺の人が近づいてきて「よろしかったらご案内いたしますが?」と訊いてきたので、喜んで案内してもらう。
              写真撮影については、看板とかはOKだけど本堂とかは住職の許可が要るらしい。

              なので近くにあった、噂の痛車もパチリ。





              なんでも、こちらで奉られている萌え神こと「とろ弁天」(上の車に描かれてる神様)の撮影が、ついさっきまで行われていたらしい。俺はタッチの差で見られなかったというわけだ。
              ……と思ったのだが、本堂の中をチラリと見てみると、いたよとろ弁天。
              へー、あんな感じなんだ……。



              一通りの案内を受け、とりあえず絵馬とお守りとおみくじを購入。
              弁財天は読み書きの神様であるからして、ラノベにも効能があるかもしれない。
              稲荷大明神も奉ってあったので、商売に関してもバッチリだ。




              ……よし。
              これで売れるラノベが書けるに違いない!
              帰って仕事すっかー!


              いやしかし、こじんまりとした敷地だったせいか、思った以上にアットホームな雰囲気だったよ。案内の人もフレンドリーで、説明もわかりやすかったし。
              ていうか、広くてデカイ寺だったら、萌えとか使わずに普通に儲けられるもんな……。
              萌えキャラで困ったら、また行ってみようかね! 近所だし!


              前回の記事でコイツ付け忘れたら、拍手の数が異様に減った……orz


              sennendo * 駄文 * 18:00 * - * - * - -
              このページの先頭へ